沿革

                   
1994年7月1日 株式会社サウンドワークスのFreeUseMusic(現Nash Music Library)事業部が分社独立し、有限会社サウンドワークスナッシュスタジオとして出資金150万円で設立される。
1994年7月14日 出資金を300万円に増資。
1995年7月18日 出資金を580万円に増資。
1995年9月 FreeUseMusic(現Nash Music Library)特別供給契約開始。
1996年3月15日 出資金を1,050万円に増資。
1996年 IBMインターネットモールhypertownにてNash/FreeUseMusic(現Nash Music Libraryウェブサイト)を開設。
1996年11月20日 出資金を1,250万円に増資。
1996年12月3日 出資金を1,450万円に増資。
1999年7月1日 組織変更し株式会社ナッシュスタジオとなる。
1999年7月13日 資本金を2,000万円に増資。
2000年7月 Nash Music Libraryのダウンロードサイトを開設。
2004年1月 Nash Music Libraryの作品数が10,000トラックに。
2004年6月 鳥取県伯耆町に制作スタジオ”大山音工房”を開設。
2010年2月 映像音楽作品”Nash Visual Audio”発売。
2011年8月 楽曲検索ツールのHDD供給を開始。
2012年10月 プロダクション音楽ライブラリー”Zipeast”供給開始。
2013年9月 放送局全曲申請報告システムに対応した、Nash Music Libraryメタデータ供給開始。
2014年3月 Nash Music Libraryの作品数が20,000トラックに。
2014年4月 Nash Music Library:Reserve契約開始。